サイトメニュー

悩んで苦しむ前に

医者 無料の電話相談サービスの仕組みは、保険会社が行っている場合には保険商品の紹介をされるかもしれません。ですが、特に買う義務はありません。一方で、市町村が行っている場合ならば何か商品を紹介されることはないです。その反面、混み込み合うでしょう。

詳しく見る

心の悩みの相談方法

医者 精神的に不安定になった時はクリニックに行く方法もありますが、無料の電話相談を使って対応するのも可能です。特に費用がかからないので安心して利用できるため、自分の悩みなどを話しやすく問題を解決したい時に利用できます。

詳しく見る

悩んだら知っておくこと

通話する女性 電話相談を無料で行っているところは、民間と市町村が主催しているところがあります。いずれも、気軽に電話をすることができる点で大きな魅力です。気をつけることは、電話する時間後意識することです。あまり長く電話をし過ぎるのは禁物です。

詳しく見る

ジャンル別の悩みにも対応

固定電話

学生ならではの悩みから女性特有の悩みまで

全国各地で展開している無料の電話相談では、あらゆるジャンルの悩みに対応出来るように多くの相談員を雇っています。いわゆるうつ病の専門の電話相談もあり、通院はしていないがうつ病の症状がある場合に対応しており好評です。特にいじめ問題などを抱えている学生は、保護者や先生に相談できないケースも多く、無料の電話相談が頼りとなっていることもあります。家庭内のトラブルの場合は家から電話をかけることが出来ない方も多く、公衆電話などからかけられる相談窓口が人気です。必要に応じて、相談者の家の近所にある専門の施設などを紹介する制度もあり、解決方法が見つかりやすくなっています。最近では介護によって発生している悩みに対応している相談窓口も出来ており、一人で問題を抱え込みやすい内容も話しやすいと言えるでしょう。アルコール依存症やギャンブル依存症のように、辞めたくても辞められない症状を持つ当事者や家族のための相談窓口もあり、専門の施設の案内も兼ねているので人気です。特に、近年になって増えている新たな依存症としてスマホゲームに課金をしてしまうケースがあり、依存症の一種として相談者が増えています。これらの新たな依存症問題にも対応している電話相談もあり、どのように接していいのか分からないという家族にもオススメです。女性特有のトラブルや悩みを解決するための窓口も多く、相談員も女性が対応するなど配慮されています。他人や家族に気づかれないように相談することもでき、自分の悩みを周囲の人に知られたくない場合に最適です。

無料でかけられる電話相談は、国や市町村などの行政機関が運営しているものと、NPO法人が運営しているものが多くなっています。電話で悩みを話し終わった後に直接話せる相談先を紹介するシステムを採用しているところもあるので、そのことを踏まえて通いやすい場所を紹介してくれるところを選ぶと良いでしょう。運営がNPO法人の場合は提携している施設がどこであるかを確認してから相談すると、紹介される場所を知ることが出来ます。また、相談費は無料で通話料は有料というところもあるため、きちんと確認をしてから電話をかけることをオススメします。資格のないボランティアの相談員から資格所有の相談員を雇っているところまで幅広く、こだわりのある場合は相談員の資格の有無を確認するのも大切です。産業カウンセラーやメンタルケアの資格所有者に相談したい場合は、そのような資格所有者が在籍しているか確認してから電話をかけると安心です。ボランティアの相談員を養成しているところもあり、相談者が話しやすいように工夫しているところが増えています。自宅の電話を使うことが出来ない場合には、携帯電話や公衆電話に対応している電話相談を探すようにしましょう。子供向けの電話相談は、公衆電話からかけられるシステムを採用しているところも多く安心です。ほとんどの団体ではホームページを開設しているため、どのような悩みに対応しているか調べやすくなっています。全国的に展開している相談窓口では、必要に応じて相談者の家の近くにある行政機関を紹介する仕組みになっているところもあります。

Copyright© 2019 料金がかからないのでいつでも気軽に悩みを話せる All Rights Reserved.