サイトメニュー

悩んだら知っておくこと

通話する女性

メリットや気をつけることは何か

精神的な悩みは、なかなか人に相談することができないことが多いです。特に、気軽に相談することができる病気などではない場合には、家族はおろか友達にすら相談できないことも少なくありません。このような場合、全く顔の知らない赤の他人に相談した方がよいこともあります。そこで、電話相談の仕組みが役に立つでしょう。電話相談のメリットは、全く見ず知らずの人に話しをすることができることです。自分のことを全く知らない人に対して話をした方がよい病気などもありますので、そのような場合には積極的に利用してみるのがよいです。電話相談は、無料で行うことができるのが特徴になります。ただ、無料といっても本格的な資格を持っている人が電話に出ることはめったにありません。民間にある電話相談では、多くの場合ボランティアになっています。ただ、ボランティアといえども、まじめに対応してくれますので役に立つことが多いでしょう。何回か電話したとしても、ただで会話することができるのが特徴になります。ただ、曜日や時間帯によっては混み合うことがありなかなかつながらないことも考えられます。そこで、あまり人のいない時間帯を利用して電話するのがよいでしょう。基本的に、朝の早い時間や終了間際の時間帯などはあまり電話をしてこない可能性が高いです。そのような時間帯を狙って、相談をするとよいかもしれません。市町村で行っているようなところもあり、安心できるのが特徴になります。この場合も、時間帯を気にして電話をするようにしましょう。その方が、無駄な時間を過ごさずに済みます。

電話相談をする場合に気をつけたいことは、どこまで自分の個人情報を教えたらよいかです。特に、自分の名前などを名乗る必要はありませんので、無理して名乗らなくても問題ありません。無料の場合には、電話相談といっても時間制限があることがあります。無料の相談だけあり人気が高いですので、多くの人が電話をしたがるでしょう。そのような状態のときに、自分だけ長々と電話をしてしまってはひんしゅくを買うことになりかねません。決められた時間の中で、どれだけ自分の話したいことを話すことができるかがポイントになります。当然相手から答えをもらいますのでその時間も考えておきましょう。このように考えるならば、限られた時間を上手に使わなければならないのが特徴になります。例えば、一人当たり10分程度しか時間がない場合には、10分間のうちで何を話そうかと順番を決めることも大事です。話した内容が三つあった場合、その中で一番聞いておきたいことをまず事前に準備しておくことです。また、質問などが事前に決めているならば、メモ帳など2面を知っておいた方がよいかもしれません。特に、精神病の場合には電話をしている時パニックになり内容を忘れてしまう可能性があります。このとき頼りになるのは、客観的に文字に残すことでしょう。後は、最初だけ無料で途中から有料になるところもあります。民間で行っているところは、最初はお金を支払わずに行ってくれますが 2回目以降は有料になることもあるため注意が必要です。口コミや評判など調べれば、ただで行ってくれるかどうかがわかりやすいです。

Copyright© 2019 料金がかからないのでいつでも気軽に悩みを話せる All Rights Reserved.