サイトメニュー

悩んで苦しむ前に

医者

仕組みとそれぞれの特徴を理解する

うつ病が流行していますが、だれもが好んでうつ病になるわけではありません。だれか相談することができる相手がいればよいものの、なかなか短い相談相手にならない人が多いでしょう。そもそも、経験者でない限りどのように相談を受けたらよいのかわからないからです。また、本人が知っている人ほどなかなか相談しにくい部分もあります。そこで、利用しておきたいのが電話相談です。悩んで苦しむ場合に、まずは電話相談をして悩みを解消していきましょう。この時の仕組みですが、基本的に無料で行っているところが多いです。無料で相談することができるため、気軽に話しをしてみるとよいでしょう。無料の場合には、有資格者の場合もありますが資格を持っていない人と話すことも多いです。ですが、その道のプロになりますので、専門的な知識を持っているだけでなく悩みに対して的確な対応してくれます。なぜ無料で行ってくれるのかが疑問に感じる人もいるかもしれません。市町村で行っている場合には、市町村の税金で運営していますので特にお金を払う必要がない点は理解できるでしょう。これに対して、民間で行っているところはどのような理由でお金をもらわないのかが気になるはずです。そのヒントは、保険会社などが行っている点です。保険会社は、積極的に多くのお客さんを獲得するためにお金をもらわないで電話相談を受け付けてくれます。ふつうは、しつこい勧誘などはありませんので安心してよいでしょう。もし、相談に対して明確な答えを出してくれて悩みが解消したならば、その保険会社の付き合いをしてもよいかもしれません。

電話相談の種類は、無料のところとそうでないところがあります。無料のところの一つは、市町村が行っているところです。市町村の中でも、電話相談コーナーがありそこで担当者が受け付けてくれているのが特徴です。市町村は、信頼できる相談窓口になるため電話相談コーナーは人気になります。そのため、担当者が複数いた場合でもすぐに電話がつながらないことがありますので、その点はあらかじめ理解しておくべきです。また、無料で行っている関係上、前回担当した人と新しく今回担当する人は別人の可能性もあるため話しがつながらないこともあります。この点は、事前に仕方がないことと考えておいた方がよいです。民間で行っている場合は、ボランティア団体で行っているところもあります。ボランティアですので、お金をとることは考えにくく、無料相談が基本です。資格を所有している人は行っていることもありますが、資格を持っていない人が行っているところもあるでしょう。電話相談に関しては、特に有資格者でなければ行うことができないという決まりがあるわけではなく、だれでも自由に行ってよいことになっています。相談を受けてくれる相手によって、ずいぶんとばらつきがあることも珍しくありません。後は、保険会社が主催していることも少なくありません。この場合、保険商品を紹介されるかもしれませんが、無理して契約をする必要はないでしょう。有料の場合には、しっかりとしたカウンセラーレベルの人が行ってくれるため、具体的な対策がわかりやすくなるでしょう。前回会話をしたとまた次回話すことも可能になります。

Copyright© 2019 料金がかからないのでいつでも気軽に悩みを話せる All Rights Reserved.